☆ハクナマタタ☆で、Mommy is Fun!

アクセスカウンタ

zoom RSS 育児の悩み・・・

<<   作成日時 : 2005/10/16 00:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

最近年少の娘のクラスで「○○ちゃんとは遊ばなーい。」といった、いわゆる「仲間はずれ」っぽい言動が、特に女の子の中で流行っている(?)らしい。担任の先生の話だと、特定の子供が言われているわけではなく、女の子たちはそれぞれみんな言ったり言われたりしているとのこと。先生は「きっと、そういう時期なのだと思います。」と、おっしゃってくれる。ただ、自分の子供がお友達にそういったことをしているかと思うと非常に胸が痛くなる。自分の育て方がおかしいのか・・・?そんな時、幼稚園からの配布物の中にあった読み物(フリーペーパーのようなもの)に「子供の性格は90%が環境や親の影響」というものがあって、「あららーーー。」と思っていたところだった。
そんな折、仲の良いママ友達と話していると、やはり話題はそのことになった。みんな「やっぱり自分のせい?と思ったぁ。」と苦笑しながら話していると、一人の子が「☆☆ちゃんが、ダメって言ったー!」と言ってきた。あらあら・・・とママが仲介にいけば別の子が「△△ちゃんが、私を入れてくれない・・・」と訴えてくる。・・・きりが無い。
どうやら、こういった類の事は、女の子に多いようだ。ウチも含めて女の子のママたちはこの辺で悩む。でも、きっと男の子のママたちはまた違うことで悩んでいるのだろう。
「優しい人に育ってほしい・・・・。」そう願わない親はいないよなーーー。

ママたちは、みんな、同じように一生懸命考えて悩んでいたんだ・・・。

ふっと、自分が子供の頃のことを考えてみた。母がよく「あんたと□□(妹)は、いっつも泣かされて帰ってきてもんねー。」と言っていたのを思い出した。ちょうど、3〜4歳ごろの妹と6〜7歳頃の私は、「キライ」だの「絶交」(なつかし〜!)だの言われていつも悔し涙で帰宅していたらしい・・・(弱っ!)。「それでも、必ず次の日も遊ぶんだよね。そんなに泣くぐらいなら遊ばなければいいのに・・・。」と母は笑って言っていた。
そんなものなのかもしれない。
言ったり言われたりしながら、自分で学んでいけばいい。親は、ダメな時はダメで注意してやればいい。90%が親のせいでもしょうがない。親だって人間だもの

ところで、私は母の願っていた者に少しは近づいたのだろうか?
母は娘の私や妹に何を願っていたのだろうか?
私が娘に願うのは「ただ、ただ、元気で幸せになってほしい・・・」ということ。(それに付随することは多々あれど・・・。)
親にならなければ分からない思いがある・・・と、つくづく感じる今日この頃だ。
読んでいただけて嬉しいです!
ついでにこちらもクリックしていただければ嬉しさ100倍です!人気ブログランキング




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
育児の悩み・・・ ☆ハクナマタタ☆で、Mommy is Fun!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる