☆ハクナマタタ☆で、Mommy is Fun!

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画 「ダ・ヴィンチ・コード」

<<   作成日時 : 2006/06/08 23:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
ダ・ヴィンチ・コード 
監督:ロン・ハワード キャスト:トム・ハンクス、オドレイ・トトゥ、ジャン・レノ、イアン・マッケラン、ポール・ベタニー 
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント 公式サイト:http://www.sonypictures.jp/movies/thedavincicode/



いやー、見たよ「ダ・ヴィンチ・コード」。
TVのスポットCMで、言ってたけど、本当に

一度見ただけでは分からない・・・

正直に申し上げて、全くチンプンカンプン・・・。
でも、でも面白かった。
なぜだろう??
 
まず、キリスト教について全く分からない(実際、仏教についても全く分からない)私に
この作品を理解するのは容易ではない。
カトリックとプロテスタントの違いも分からないんだもん。
(実際、浄土宗と浄土真宗の違いもよく分からん・・・が・・)
でも、謎解きは大好き!!
だから、この映画のエンドロールが出たときに

もう一度見なければいけない!

と、即座に思ったのかもしれない。



・・・・・ところで、私の好きな映画の見方は

 1. 予告編で、面白そうなものをみつける。
 2. その作品を何も知識なしに予告編のイメージだけで見る。
 3・ 作品を見た後に、パンフレットやHPでキャストや裏話などを調べる。
 4. 3で、「ええっ!?」と思ったことなどを踏まえて再び映画を見る。


と、まぁ、こういった感じかな。

ちょーっと、私ってなんていいお客さんなの?
必ずリピーターじゃない! (*´∀`*)アハッ

で、この「ダ・ヴィンチ・コード」も見た後にオフィシャルサイトやなんかを色々見たよ。
そうしたら、なんだか原作を読まなくては!!というくらいに興味が沸いてきて
一緒に見に行ったママ友にそれを告げると

んじゃ、うちパパが本読んでたからそれ持ってこよっかぁ、上下巻2冊だけど・・・。

    ・・・・あ、 2冊?   ・・・で、ひとつのお話って事ね。


無理無理・・((・ω・ = ・ω・))ブルンブルン

却下!

短編集とエッセー集しか読めない私に2冊組みは、ありえない話。

やっぱりもう一度映画をみるか、DVDを見るかにしよう。
できれば本を読んだ人とか、キリスト教とかヨーロッパの歴史とかに強い人に
解説してもらえれば、ありがたいんだけど・・・ 邪道・・だよね。ゴメンナサイ!
とにかく、きっと予習や復習をして見ると面白さが全然違うだろう。



さて、映画の方へちょっとばかり入っていくとしよう。
なになに、この作品、主演候補は当初ラッセル・クロウだったって???

ええっ〜〜???まじぃ?

良かったよぅ、そうならなくて。
やっぱり、ラングドン教授は知的な人でなくっちゃ・・。
トム・ハンクスは、私がコレまで思っていたイメージとも全く違った感じだったけど
なんか、良かった(個人的に声が好きということが多々あるが)。
オドレイ・トトゥ も、「アメリ」のイメージとは全く違うが、
殺害されたルーブル美術館長の孫で暗号捜査官のソフィー役がはまっている気がした。

それから、個人的に注目していたのがシラス役のポール・ベタニー
いやぁ・・・怪演。不気味さと哀愁の漂う演技が凄い!
今後も注目の俳優さんかも。

<ストーリー>
パリ。ルーブル美術館で館長のジャック・ソニエールが殺害された。その死体は、レオナルド・ダ・ヴィンチの「ウィトルウィウス的人体図」を模した形で横たわっていた。さらに死体の周りには不可解な暗号が残されていたのだ。
その日、講演会の為にパリに来ていたハーバード大のロバート・ラングドン(トム・ハンクス)が、捜査協力の為に殺人現場に呼ばれるが、フランス司法警察のベズ・ファーシュ警部(ジャン・レノ)はラングドンを犯人として疑わず、巧みな誘導尋問で証拠となる発言を引き出そうとしていた。その時、暗号解読官のソフィー・ヌヴー(オドレイ・トトゥ)が現れる。殺されたソニエールの孫娘であるソフィーは、ひと目で祖父が自分だけにわかる暗号を残したことに気付いた。ラングドンが無実であることも知っているソフィーは、彼と事件の謎を解く為にルーブルを逃亡するが・・・。


賛否両論の本作だが、ハクナマタタ的には
星4つ・・・かな。 ★★★★☆

僭越ながら当ブログも<人気ブログランキング>に登録させていただいております。
今日はいったい何位だろう??



こちらがランキングUPにつながるワンクリックです→こちらをポチッとクリックしていただければ
感激1000倍です!人気ブログランキング











テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
星4つかー。結構いいねー。見ようかなー。
私の夫は、映画やコンサートに行くのに予習して行くんですよー。そしたら何か、感動が無くてつまんなくない?とおもうんだけど、予習した方がよりわかっていいと言うの。私は予習はしないよ〜。
みえごん
2006/06/12 10:19
みえごんさんへ

私も予習はあんまりしないなぁ。
学生の頃からそうだったけど・・・。
でも、予習する人ってきっと
物事に対してとても探究心が強いんだろうなぁ。
と思います。
なんだか表現が難しいけど、
映画なんかでも、見てから「凄い・・けどあれってなんだろう??」と思って色んなことを調べ始めるタイプと、まず自分の中に知識を入れておいて、映画を見たときにその知識と比べて楽しむ・・と言うタイプの違いなのかなぁ・・と。
ご主人とみえごんさんは真反対のタイプ同士だろうから、結構映画見たとに話したら楽しいんじゃ?
ハクナマタタ
2006/06/13 00:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画 「ダ・ヴィンチ・コード」 ☆ハクナマタタ☆で、Mommy is Fun!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる