☆ハクナマタタ☆で、Mommy is Fun!

アクセスカウンタ

zoom RSS 介護のこと

<<   作成日時 : 2009/01/23 13:02   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

うわぁ〜、かなり久しぶりの更新だ!

ご無沙汰しております、ハクナです。

我が家では、
年明けから同居しているダーリンのおとうさんが入院をしていましたが、
先日やっと無事に退院したところです。

実は、ダーリンのおかあさんは体が不自由で、車いす生活をしているのですが、
彼女の介護はダーリンのおとうさんがやっています。
もちろん、おとうさんが忙しい時などは今までも
時々お手伝いをしてきたけれど、
基本的には2世帯それぞれのペースで生活をしてきました。

さて、このおとうさん、すっごくシャキシャキしていて、
年齢も実際よりずーっと若く見えるのだけど、
頭もいいし、行動的だし、なんでもこなせるスーパーおじいちゃんなんです。
私なんかよりずーっと記憶力もいいし。
おばあちゃんも、もちろんおじいちゃんに頼りっきりでした。

そんなおじいちゃんが入院となって、
なんと!
ここしばらくハクナ一家はプチ介護生活を送っておりました。


でもね、介護の大変さって想像はしていたけど、
やってみないとわからないんですよね。
今回、色んなことを勉強した気がします。

詳しい内容は記しませんが、
たった2週間ちょっとでも、結構・・・きました。
体力的にも、メンタル的にも。

まず、家を長い時間空けることができません。
家事も2世帯分・・とまではいかなくても
そうじや洗濯などは1・5倍にはなってたと思います。
それにおじいちゃんの病院へも足を運んだりしていると、
自分の時間は全くないし、
姫をかまってやる時間もない。

ふだんは、何も問題なく仲良くやっていっていても、
色んなものが自分の中に溜まってくると
イライラしだして、つい口調が強くなってしまったり・・・
相手は不自由な体で大変だとわかっていても
今までにないような意地悪な気持ちになってしまったり・・・・。

途中なんども、

なんで私ってこんなに嫌なやつになっちゃったの?!

と、この私が自己嫌悪に陥りそうになりました。


自分大好き Me,最高!!

を自負するこの私が・・・。

でも、そんな時に私を支えてくれたのは
ダーリンでした。

彼は、一番大変な夜中のトイレ介助を引き受けてくれ、
一階のおばあちゃんの隣の部屋で寝てくれました。
朝早くから、遅くまで仕事をしてそのうえ夜中に数回起きて…。
とってもきつかったと思います。
それでも私を気遣って、私の立場になって考えてくれました。
愚痴もたくさん聞いてくれて・・・。
それがどれだけありがたかったか。
本当にいい旦那さまで良かったと、心から思いました。

くしくも、このプチ介護生活ウィーク中に
8回目の結婚記念日を迎えた私たち。
お祝いをきちんとする余裕はなかったけれど、
二人で晩酌しながら、

これからもよろしく・・・・。

心からそう言いあえました。
ダーリン本当にありがとう。


そして、疲れきっている私をいやしてくれたのは
姫の笑顔でした

彼女なりに状況をちゃんとわかってくれていて、
イライラしている私を彼女なりに見守っていてくれているのが
強く感じられて・・・。

精神的にはきっと、私の方がかなり甘えていたんだと思います。

姫、本当にありがとう。


それから・・・・

私の大切なお友達。
彼女たちの応援がなかったら、
乗り越えれなかったピンチがいくつもありました。
私の仕事の日や他の日にも
姫をお稽古事に連れて行ってくれたり、長い時間預かってくれたり・・・。
そのおかげで、私もおばあちゃんのお世話に専念でき、
姫もさみしい思いをすることなく過ごせたのです。

みんな本当に、ありがとう。


おじいちゃん、おばあちゃんも
たくさん、気をつかってくれました。
おばあちゃんだって、不慣れな私では不安もあったと思います。
思い通りにいかないことばっかりだったでしょう。
でも、頑張ってくれました。
感謝の言葉をたくさんくれました。

おばあちゃん、おじいちゃんが戻ってきて本当によかったね。
おじいちゃん、おかえりなさい。
元気に帰ってきてくれて、ありがとう!
これからは、少しずつでも
おじいちゃんとおばあちゃんをお手伝いしていきたいと思ってます。


たった2週間ほどで介護のことをどうこう言える立場ではないけれど、
今回強く思ったのは、

決して、だれかが一人で頑張りきれるものではない。
介護する人にも、心身ともにサポートが必要だし、
家族や周りの理解と協力が、とても大切で大きいのだ。


ということ。

世間でも介護について多くのことがとりあげられていますが、
ハクナ家でも、今後きちんと向かい合っていきたい大切な課題です。

今、介護に向き合っている方々、
これからそうされる方々・・・
介護される側もする側も、明るく幸せに生活していけるよう
頑張っていきたいですね〜

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ハクナマタタさん、えらいなぁ〜。゜:(つд⊂):゜。

介護、想像以上に大変だと思う。
だれしもきっといつか、直面する事だものね。ホント。

そんなときに、家族の絆で助けられるって、すばらしいよね。

ハクナマタタさん、いい旦那さまといい姫ちゃんに囲まれて、幸せ満開♪ですね♪
nori2
2009/01/26 13:13
nori2さん
そうですね、誰しもいつかはかかわらなければいけないことですよね。
確かに大変なことだけど、家族や友達との絆できっと乗り越えることができると信じてます。
はい、よい家族に恵まれてハクナは果報者です!
ハクナマタタ
2009/01/30 13:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
介護のこと ☆ハクナマタタ☆で、Mommy is Fun!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる